2018年4月4日水曜日

肴は魚で ...冷酒に燗酒フリーダム。




祝三周年記念の3デイズキャンペーンもツツガナク完了、ありがとうございました、
次回四周年へ向かい良いスタートになりましたぜと感謝でござい、
今年度から営業時間や定休日が変更となり、まだチョイと慣れませんが、
これからもグイグイとヨロシクどぉーぞの " 夜更かし者 " です。


さぁ~てさてと、
今回は当店で扱う日本酒 " 羅生門 (純米 / 和歌山) " のご紹介、

はい、東京の酒場では珍しい銘柄だと思いますよ、和歌山の純米酒・羅生門、
甘口 (私が便宜上そう呼んでます) と辛口 (こちらは正式名) がありましてね、
どちらも口当たり香り良く、豊かな米の風味と旨味が感じられます、
辛口に関しては『全国熱燗コンテスト2017』 に於いて金賞をゲットした逸品、

さぁ、さぁさぁ、
…ならば、併せる肴は魚でしょうよと、日替わりメニューからチラリズム、

先ずは定番 " マグロぶつ "




しっとりとした赤身、仕入れから熟成させてハイおまち、

で、

脂ノリ抜群な " 天然ブリ刺し "




ブリに関してはですね、天然モノが有る時だけの入荷となります事ご容赦を、

でで、

春先の季節モノといやぁ~ " ホタルイカ刺し "




生姜醤油でも酢味噌でも、お好み承りますよぉー、

ででで、

コヤツもまたノリ良い脂がウリな " サーモンハラスの切り落とし刺し "




瞬間的に軽く熱を通し、旨味を凝縮、醤油は勿論ですが塩もオススメ、

でででで、

上等希少メニュー、数揃えが難故に、目が合った時にゃぁ是非にの " 鮭カマの塩焼き "




ジンワリジックリと焼き上げますので少々お時間を頂きますが、
まぁ1度騙されたと思って食べてみて下さいませ、鮭好きは是非に是非、

んで、

もぉ…白飯くれよ、…何なら定食ヤれよ、…的な " サバの甘塩焼き "




サバはですね、カドのない甘い塩で焼いてあげるとナイス、
もうね、焼き途中の煙を嗅いでるだけで腹が鳴りますよね、

そしてそしての、昭和な醤油はキッコーマン、醤油瓶も諸共に、正真正銘キッコーマン。




えぇえぇ、はいはい、そういう事で今宵も " 夜更かし者 "
高田馬場は早稲田口、路地坂下った際の果て、ビルに潜れば白提灯と赤提灯、

へいへいっらっしゃいへいっらっしゃいっ!

お品書はコチラ → 「飲み者の編」
お品書はコチラ → 「食べ者の編」 

____________________

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-18-6 柳屋ビルB1

(営) 月~土 / 17時~翌0時
(食) L.O 23時
(飲) L.O 23時半
(休) 毎週日曜日 / 臨時休業有り

tel ; 03-6304-0212
mail ; yofukashimono@gmail.com
twitter ; https://twitter.com/ShuendokoroOwl